例付きのJavaのforループ

例付きのJavaのforループ

ループは、特定の条件が満たされるまで一連の命令を繰り返すために使用されます。Javaには、for、while、do-whileの3つのタイプの基本ループがあります。このチュートリアルでは、Javaで「forループ」を使用する方法を学びます。

Forループ構文:

for(初期化;条件;インクリメント/デクリメント)
{
   ステートメント
}

forループの実行

プログラムの実行中、インタープリターは常にどの命令が実行されるかを追跡します。これを制御フローまたはプログラムの実行と呼びます。

最初のステップ:forループでは、初期化は最初に一度だけ実行されます。つまり、forループの初期化部分は1回だけ実行されます。

2番目のステップ:forループの条件は、反復ごとに評価されます。条件が真の場合、forループ本体のステートメントが実行されます。条件がfalseを返すとすぐに、forループ内のステートメントは実行されず、制御はforループ後のプログラム内の次のステートメントに転送されます。

3番目のステップ:forループを実行するたびに、forループの増分/減分部分が実行され、ループカウンターが更新されます。

4番目のステップ:3番目のステップの後、コントロールは2番目のステップにジャンプし、ステータスが再評価されます。

単純なForループの例

class  ForLoopExample  { 
    public  static  void main String args []){ 
         for int i = 10 ; i > 1 ; i -){ 
              System アウトprintln "iの値は:" + i ); 
         } 
    } 
}

このプログラムの出力は次のとおりです。

iの値がある 10 
iの値がある9 iの値がある8 、iの値がある7 、iの値がある6 、iの値がある5 iの値がある4 iの値がある3 iの値がある2 
 
 
 
 
 
 

Im obigen Programm:
int i = 1は初期化式
i> 1は条件(ブール式)
i –デクリメント操作

無限ループ

ブール式の意味とインクリメント/デクリメント操作の調整:

class  ForLoopExample2  { 
    public  static  void main String args []){ 
         for int i = 1 ; i > = 1 ; i ++){ 
              System アウトprintln "iの値は:" + i ); 
         } 
    } 
}

条件がfalseを返すことはないため、これは無限ループです。iの値は常に1(ブール式:i> 1)より大きいため、変数iの値を1に設定し、偽を返さないようにします。これにより、最終的に無限ループ状態になります。したがって、ブール式と増分/減分操作の間の調整を観察して、ループが特定のポイントで終了するかどうかを判断することが重要です。

無限ループの別の例を次に示します。

//無限ループ
のための  ;  ;   { 
    //ステートメント(S)
}

配列の反復ループの例:

ここでは、forループを使用して配列要素を繰り返し表示します。

クラス ForLoopExample3  { 
    公共 静的 ボイドメイン文字列引数[]){ 
         int型ARR [] = { 2 11 45 9 }。
         //私はあまりにも0の配列インデックスを開始として0から始まる
         ためINT iは= 0 ; I < ARR 長さ; I ++){ 
              システムアウトprintln arr [ i ]); 
         } 
    } 
}

出力:

2 
11 
45 
9

拡張forループ

拡張forループは、配列/コレクションを繰り返したい場合に便利です。簡単に記述して理解できます。

上記で書いたのと同じ例を取り上げて、拡張forループで書き直しましょう。

クラス ForLoopExample3  { 
   公共 静的 ボイドメイン文字列引数[]){ 
      int型ARR [] = { 2 11 45 9 }。
      for  int num arr  { 
         システムアウトprintln num ); 
      } 
   } 
}

出力:

2 
11 
45 
9

注:上記の例では、Enhanced forループの数値をintとして宣言しました。これは、配列のデータ型に応じて変わります。たとえば、文字列型の拡張forループは次のようになります。

文字列arr [] = { "hi" "hello" "bye" }; 
for  文字列str arr  { 
         システムアウトprintln str ); 
}

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *